専門家詳細

株式会社fp ANSWER 大泉稔

【ライフプランニング】配偶者の相続を経験された70歳前後の女性のお客様からのご相談を受けてきました。 【資産運用・投資】自身の投資経験を基に、自身と同世代か少し上の方で、投資経験の無い方とのコミュニケーションを楽しみにしています。また相談の他に、上述の分野の講演や執筆等も承ってきました。

【ライフプランニング】主に65~79歳までの方で、配偶者の相続を経験された方を対象とします。「公的年金の手取り額の確認」・「3パターンの生活設計の支出のシュミレーション」・「医療費用のシュミレーション」・「資産の棚卸と取り崩しのシュミレーション」・「二次相続対策」以上がセットになっています。
【資産運用・投資】主に50~65歳までの方で、投資経験の無い方を対象とします。「家族の現況と将来のライフイベントの確認と収入・支出のシュミレーション」・「(住宅ローンのある方)繰上げ償還のシュミレーション」・「投資する金融機関の選び方」・「投資商品の選び方」・「投資と税金」以上がセットになっています。半年から1年の長期のコンサルティングになります。

キャンペーン実施中。

【出身地】
富山県富山市

【趣味】
温泉巡り(箱根だけ)/株式投資

■業務経験■
時期:不定期 読み切り
【書籍名/出版社】:ファイナンシャルフィールド
詳細:保険・相続・投資など「お金」をテーマにして、「分かりやすさ」と「ニッチ」に拘った記事を寄稿し続けています。不定期で読み切りの記事になります。
https://financial-field.com/person/ooizumi-minoru

時期:隔週 読み切り
【書籍名/出版社】:お金と暮らしの情報サイト〈もんじゃ〉
詳細:「投資に対する考え方」や「投資手法」をテーマにして、「分かりやすさ」と「ユニーク」に拘った記事を寄稿し続けています。隔週でUPし、読み切りです。
https://mon-ja.net/author/ooizumi/

時期:2023年5月
【相談内容】:ビジネス教育出版社主催
詳細:『相続・資産承継に役立つ!生命保険の活用の仕方』相続と生命保険の基本について 生命保険を相続という場面に絞って見ていきます。サラリーマン世帯については生命保険の受け取り時について、不動産オーナーは資産の承継に、生命保険をどのように活かすか、そして、さらに受取人に絞って生命保険を見ていくことにします。

時期:2023年3月
【相談内容】:ビジネス教育出版社主催
詳細:『どうなる?2024年から始まる新しいNISAを解説』そもそも、「なぜ、今、貯蓄から投資なのか?」という問いに対する答えを、「金融庁の問題提起(米英との比較)」と「証券税制の歴史」という2つの側面で回答を提示。
続いて、NISAの利用者の現状について、10歳刻みの年代別に比較した表をお示しすると共に、NISA口座で投資する商品について口頭で説明しました。

ところで、現行のNISAは今年いっぱい投資が可能です。また、非課税での保有は、一般NISAなら2027年まで、つみたてNISAなら2024年まで、それぞれ可能です。ですので、現行のNISAでの留意点(ロールオーバーが出来ない等)と共に、「現行のNISAの留意点」のうち、「2024年以後のNISA」にも引き継がれるであろう点について解説しました。

そして、最後に「2024年以後のNISA」の制度と共に、その他の改正点(iDeCoや投資教育)について、お話して、お開きとなりました。

時期:2023年1月
【相談内容】:銀行券就社
詳細:●外貨預金・外貨建て保険購入者への利回り説明のポイント
https://www.ginken.jp/products/detail/1285

【ライフプランニング】配偶者の相続を経験された70歳前後の女性のお客様からのご相談を受けてきました。 【資産運用・投資】自身の投資経験を基に、自身と同世代か少し上の方で、投資経験の無い方とのコミュニケーションを楽しみにしています。また相談の他に、上述の分野の講演や執筆等も承ってきました。

【ライフプランニング】主に65~79歳までの方で、配偶者の相続を経験された方を対象とします。「公的年金の手取り額の確認」・「3パターンの生活設計の支出のシュミレーション」・「医療費用のシュミレーション」・「資産の棚卸と取り崩しのシュミレーション」・「二次相続対策」以上がセットになっています。
【資産運用・投資】主に50~65歳までの方で、投資経験の無い方を対象とします。「家族の現況と将来のライフイベントの確認と収入・支出のシュミレーション」・「(住宅ローンのある方)繰上げ償還のシュミレーション」・「投資する金融機関の選び方」・「投資商品の選び方」・「投資と税金」以上がセットになっています。半年から1年の長期のコンサルティングになります。

キャンペーン実施中。

【出身地】
富山県富山市

【趣味】
温泉巡り(箱根だけ)/株式投資

■業務経験■
時期:不定期 読み切り
【書籍名/出版社】:ファイナンシャルフィールド
詳細:保険・相続・投資など「お金」をテーマにして、「分かりやすさ」と「ニッチ」に拘った記事を寄稿し続けています。不定期で読み切りの記事になります。
https://financial-field.com/person/ooizumi-minoru

時期:隔週 読み切り
【書籍名/出版社】:お金と暮らしの情報サイト〈もんじゃ〉
詳細:「投資に対する考え方」や「投資手法」をテーマにして、「分かりやすさ」と「ユニーク」に拘った記事を寄稿し続けています。隔週でUPし、読み切りです。
https://mon-ja.net/author/ooizumi/

時期:2023年5月
【相談内容】:ビジネス教育出版社主催
詳細:『相続・資産承継に役立つ!生命保険の活用の仕方』相続と生命保険の基本について 生命保険を相続という場面に絞って見ていきます。サラリーマン世帯については生命保険の受け取り時について、不動産オーナーは資産の承継に、生命保険をどのように活かすか、そして、さらに受取人に絞って生命保険を見ていくことにします。

時期:2023年3月
【相談内容】:ビジネス教育出版社主催
詳細:『どうなる?2024年から始まる新しいNISAを解説』そもそも、「なぜ、今、貯蓄から投資なのか?」という問いに対する答えを、「金融庁の問題提起(米英との比較)」と「証券税制の歴史」という2つの側面で回答を提示。
続いて、NISAの利用者の現状について、10歳刻みの年代別に比較した表をお示しすると共に、NISA口座で投資する商品について口頭で説明しました。

ところで、現行のNISAは今年いっぱい投資が可能です。また、非課税での保有は、一般NISAなら2027年まで、つみたてNISAなら2024年まで、それぞれ可能です。ですので、現行のNISAでの留意点(ロールオーバーが出来ない等)と共に、「現行のNISAの留意点」のうち、「2024年以後のNISA」にも引き継がれるであろう点について解説しました。

そして、最後に「2024年以後のNISA」の制度と共に、その他の改正点(iDeCoや投資教育)について、お話して、お開きとなりました。

時期:2023年1月
【相談内容】:銀行券就社
詳細:●外貨預金・外貨建て保険購入者への利回り説明のポイント
https://www.ginken.jp/products/detail/1285